冷えはペニスの大敵

by admin

ペニスにとって大敵となるのが身体の冷えなのです。
寒いところにいるとペニスも冷たくなって、非常に小さくなってしまいます。
ペニスの血管は毛細血管が多いので、血行が悪くなりやすく、冷たくなりやすい部位です。
冷えるとペニスが小さくなるのは、血液の循環が極端に悪くなってしまうからです。
それとは逆に、性行為をしている状況では温かく硬くなっているでしょう。
勃起をさせるためには血液の循環をよくする必要があるので、必然的に温かくなるのです。
もし身体に冷えを感じている方は、ペニスの元気もなくなると考えて間違いありません。
勃起力回復のためには、冷えを解消してペニスを冷やさないことが大切となります。
お風呂は毎日入ったほうが、身体を温めることができるのでいいでしょう。
入浴しないと身体が冷えていきますので、少なくとも2日に1回は入浴してください。
入浴できないときは、足を温めるだけでもかなり違うので、足浴を取り入れるなどして工夫しましょう。
寝るときに靴下をはくと足が冷えないという方もいますが、靴下が足を圧迫するので、血行不良から冷えを招きやすくなります。
靴下を脱いだほうが足が楽になり、身体の疲労も取れやすくなります。
自宅にいるときは、足を冷やさないように注意しながら靴下を脱ぐのも効果的でしょう。
足が冷えると、ペニスも冷たくなるので注意が必要です。
逆に足をポカポカにすると、下半身がしっかりと温まってくれるので、勃起力回復が期待できます。