勃起力回復には運動と食事療法

by admin

男性が勃起しなくなるというのは、子作りができないということです。
セックスがうまくいかないと、女性から嫌われたり離婚や浮気の危機になったりすることもあります。
勃起不全は、おもにストレスや疲労・運動不足・睡眠不足・中枢神経の異常・年齢による衰え・薬の副作用・食事の偏りなどが挙げられます。
ストレスは日頃から趣味で発散させ、疲労がある場合は無理をせずに休憩をとりましょう。
運動をすることの利点は、疲れの解消や男性ホルモンの分泌を促進し、性交時に疲れにくくするなどです。
睡眠不足は勃起不全になる可能性が高くなります。
日頃から就寝前にはテレビを見ない、パソコン画面を眺めないなどの対策を採りましょう。
中枢神経の異常のせいで勃起不全になる場合があります。
脳の出血や腫瘍による中枢神経の異常は、自律神経がおかしくなるため勃起不全になるのです。
おかしいなと思ったらすぐにお医者さんに見てもらうほうが良いでしょう。
年齢による衰えは、運動と食事療法でカバーできます。
うつ病など精神病の薬でも勃起不全になるため、精神科のお医者さんに相談されると良いです。
食事の偏りで高血圧・糖尿病・肥満になり、血管や神経に異常をきたすタイプの勃起不全もあります。
また男性機能を働かせる栄養素の亜鉛が不足しているせいかもしれません。
亜鉛を多く含む食材は納豆やレバー・牡蠣・アサリ・大豆・チーズなどが挙げられます。
日頃から暴飲暴食を控えるようにし、亜鉛を多く含む食材を取ることが勃起力回復につながると思います。